オリックス銀行カードローンの審査に通るには?

業界最低水準の金利・融資限度額800万円と、カードローンとしてのスペックの高く人気のあるオリックス銀行カードローン。このオリックス銀行カードローンの審査に通るにはどうしたらいいのでしょうか。

 

まずは利用条件なのですが、他のカードローン会社の多くが「安定した一定の収入がある方」といった条件を挙げている中で、オリックス銀行は「前年度の給与収入(自営業の方は、申告所得金額)が200万円以上ある方」というのをあげています。月々でわると、17万円くらいの月収ということですね。正社員なら大体クリアかもしれませんが、パートやアルバイト、そして専業主婦の方などはオリックス銀行カードローンを利用することができなそうです。

 

利用条件をクリアしたところで、現在の他社借り入れについて見直してみましょう。オリックス銀行カードローンでは、現在の借り入れ総額が大きいと、審査に落ちてしまう可能性があるといいます。というのもこれは、他社借り入れをしている人だからNG、ということではなく、その借入金額に対する返済能力の問題ということのようです。自分の返済能力を超えた借り入れは断られる可能性が高くなります。

 

あとはほとんど基本的なことになりますが、申込書に間違いや虚偽がないことなども重要です。本人確認資料と住所が違うこと、とくに運転免許証の住所変更をしていない人などは要注意です。あらかじめ住所変更手続きを済ませてから申し込みにのぞみましょう。審査に通る為に特別出来ることというのはそんなに多くはありませんが、ちょっとした書き間違いなどで審査落ちなんてことにならないよう、慎重に申し込み手続きを行いましょう。

オリックス銀行のカードローンはさまざまな目的のために借りられる

イチローでおなじみの、オリックス銀行のカードローンをご紹介しましょう。昨今銀行のカードローンはますます人気が高まっていますよね。金利の低さ、限度額の大きさ、さらにキャッシングの利用までの審査などのスピーディーさが人気の秘密となっています。

 

これまでは、もともと口座を持っている銀行のカードローンを利用することが多かったのですが、少しでも金利が低いところにカードローンを申し込む人も増えているのです。オリックス銀行のカードローンは、オリックス銀行の口座を作る必要はありません。どなたでも申し込み条件を満たしている方が申し込みができるのです。

 

オリックス銀行カードローンの金利は、年3.0%〜17.8%となっています。これはカードローンの中でもずば抜けて低いといえるでしょう。さらに利用限度額は大型で最高800万円までですから、まとまった金額を準備したいときにも安心できそうですね。もちろん担保、保証人は必要ありません。保証会社の保証を受けることで、借り入れが可能になるのです。

 

さまざまなライフスタイルにおけるお金の利用目的にも対応できるオリックス銀行カードローンでは、趣味や旅行、お付き合いなどの費用だけでなく、将来のために資格取得をしたい、子供の教育資金として利用したい、といった希望にも自在に利用することができます。

 

お金の使い方が重要視されているときですから、マネープランにカードローンを積極的に取り入れることを検討するのもよいですよね。

手間がかかりませんオリックス銀行のローン申し込み

オリックス銀行は、お金を預けるときも借りるときもいずれも店舗に行く必要なく、日本全国どこからでも簡単に申し込みをすることができます。

 

ネット銀行の利用者が増加するばかりでなく、ネット銀行をメインバンクにしてしまう人も増えています。店舗のある銀行でもインターネットバンキングばかり利用しているのであれば結局同じ、と感じたことも原因となっているかもしれませんね。

 

カードローンやキャッシングは、一度申し込みをしてしまうと後はカードを使って借り入れたり返済したりと自由自在です。最近では、インターネットによる振り込み申し込みによるキャッシングや、インターネットバンキングを利用した返済も多くの方に利用されています。

 

そうはいっても「その申し込みが面倒なんでしょ。書類をいっぱい準備したり、自分でもたくさん記入しないとだめだったり、それが気になって申し込みをためらってしまう。」という方多いですよね。

 

しかし、オリックス銀行カードローンは必要提出書類は、運転免許証などの本人確認書類だけです。300万円を超える限度額を希望している場合は、収入証明書が必要になりますが、これも源泉徴収票などの自分でもすぐに準備できるものばかりです。

 

さらに、オリックス銀行は申し込みはネットから、自宅で落ち着ける時間に入力して申し込みができるのです。手間がかからないこと、納得いただけましたでしょうか?オリックス銀行のウェブサイトからカードローンの申し込みをクリックして、申し込みをスタートしましょう。


このページの先頭へ戻る